信州ののどかな風景に溶け込む民宿ファーストなわて館
お米作り
みなさんこんにちは

 わたしたちが毎日食べているお米。このお米は、どのようにして作られているのでしょう。
 みなさんに米づくりのようすを分かっていただくために、我が家での米づくりを、一年の農作業を追いながらまとめてみます。
 また、これに加えて生産量、販売のようすについてもごしょうかいします。
飯山戸狩地区は新潟県の魚沼郡と近く、ともに豪雪地帯であるなど、気候・風土がとてもよく似ています。そのため、飯山産の「コシヒカリ」は量こそ魚沼産に劣りますが、質では勝るとも劣らず、「冷えてもおいしい」と市場関係者からの評価を得ています。
我が家では民宿とともに力を入れている米つくりについてご紹介をしたいと思います。

米どころ戸狩
戸狩の田園風景 飯山市は古くからのお米の生産地で、現在は「コシヒカリ」を主に生産しています。

おいしいお米作りは品種だけでなく、気候や土壌条件にも大きく影響を受けます。
内陸の飯山地区はでは、日中の気温が高く夜の気温が低くなり、昼夜の気温差が大きく、おいしい米作りに影響しています。
また日本でも有数の豪雪地で春には雪がゆっくりと解けてゆくことで土壌が熟成されます。
この土壌および腐植(ふしょく)ミネラルやケイ素を含んだ水が、おいしいお米を作りだす条件になっているのです。

ファーストなわて館トップページお米作り
ご案内・FAQ
ご宿泊料金
交通案内
ご予約・お問合せ
お米作り
周辺観光
ファーストなわて館トップページ
りんご豚認定の宿
ご宿泊料金交通案内ご予約・お問合せ|お米作り周辺観光アクセスマップ
ファーストなわて館〒389-2411飯山市大字豊田4701
Tel.0269-65-3458 Fax.0269-65-4197 e-mail